【淡路島 おのころ島神社】縁結び・婚活・妊活の聖地

たびごと おのころ島神社

日本誕生の地、淡路島。

今回は縁結び・婚活・妊活に効く!パワースポット中のパワースポット、淡路島南部に位置するおのころ島神社をご紹介いたします。

アクセスや駐車場などの便利情報もありますのでぜひ最後までご覧ください。

 

5秒でわかる観光ポイント
  1. 強力なパワースポット!
  2. 日本三大鳥居の大鳥居は必見
  3. 縁結び・婚活・妊活の方が多く訪れる

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+以下で詳しくご説明↓↓↓+:-:+:-:+:-:+:-:+

 

アクセス&駐車場

 

 

アクセス

神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原ICを降り、一般道を15分ほど走ります。

本当になにもない農道をひたすら走ります、コンビニも見かけませんのでお手洗いには気をつけて下さいね。(高速下りの緑PAが最後、か神社まで我慢です)

 

遠くから見えているのですがなかなか着かん…と思うくらい大きな鳥居。

途中一旦見えなくなったと思ったらデデーン!と唐突に鳥居が見えてきます。

 

でっか…となること間違いなしです。

なにせ「日本三大鳥居」です。(あとの二つは平安神宮と厳島神社です)

高さ21.7m、現在の鳥居は昭和57年に建てられました。

四階建てのマンションくらいです。

ちなみに現在塗り替えのための寄付を受け付けておられます、ピカピカの鳥居が楽しみですね!

 

駐車場

駐車場ですが、二ヶ所あるようです。

鳥居の真向かいにあるのが一番近く、かつシャッターポイントです。

また駐車場入り口には野菜の無人販売所があり、季節野菜がお安く購入できますよ!

はらこ
はらこ
淡路島名産の玉ねぎがおすすめ

 

 

おのころ島神社とは

 

おのころ島神社を漢字で書くと、自凝島神社になります。

 

 

難読のため平仮名表記されているようですが、もっと昔(古事記とかのレベルで)は淤能碁呂島とか磤馭慮島とか書かれていたようです。読めねーな。

そもそも淡路島がなぜ日本誕生の地と言われているかご存知ですか?

めちゃくちゃ端折って言うと、こちらの神社の御祭神であるイザナギのミコト(男性の方)が矛でまだ何もない地上をぐるっとかき混ぜたときに、したたる滴が積もってできた島が淡路島なのです。

話のスケールが大きすぎてちょっとアレですが、こちらの神社にはそのイザナギのミコトとイザナミのミコトご夫婦がお祀りされております。

 

御利益

 

  • 良縁堅固
  • 安産の塩砂
  • 健康長寿 など

 

国産み・神産みのご夫婦がお祀りされているということで、安産や縁結びに御利益があるようです。

特に縁結びで有名なのではないでしょうか。

 

 

この紅白の縄が結ばれている石を「鶺鴒(せきれい)石」と申します。

イザナギ・イザナミ夫婦が夫婦になるきっかけとなった鶺鴒という鳥のつがいが止まっていた石だそうです。

縁結びはこの石にお参りするのですが、今の人間関係をどうしたいかでお作法が変わります。

  • 新しい出会いを求める人:白→赤
  • 今の関係を強固にしたい人:赤→白
  • 二人で来て絆をより深めたい場合:男性は赤、女性は白(かつ二人は手を繋いで)

の縄を握り、心を込めてお祈りしますと願いが叶うそうですよ。

 

また鳥居の後ろにある松の木は「三鈷の松」と言います。

普通よく見かける松の葉っぱって二股ですが、なんとこの松の木の葉っぱは三股というすごく珍しい形をしています。

三鈷、というのは仏教、しかも密教で使われる法具の名前です。

弘法大師空海さんが高野山を見つけたときに使用した宝具としても有名ですね。

というかここ神社なのに法具?という謎もすごく興味をそそられます…

そんなわけでこの「三鈷の松」は縁起物とされております、是非落ちている葉っぱを手に取ってご覧ください。

 

境内摂社

 

ケイダイセッシャと読み、神社敷地内に本社とは別に所縁の深い神様を祀った小さな神社のことです。

こちらの神社には裏手に八百萬神社があります。

またまたスケールの大きな神社です、本社がすべての神様の父母を祀っているので当然でしょうか。

はらこはこちらで数匹のクロアゲハに遭遇しました。とても神秘的な光景でしたよ。

 

また本宮より西に下ると、産宮神社があります。

こちらは安産祈願のお砂所になっており、先ほどお話ししたイザナギが地上をぐるっとした矛より滴り落ちた塩だと伝えられております。

妊婦さんは足元にお気をつけてご参拝ください。

 

まとめ

 

お祀りしている神のせいか、とても厳かな雰囲気の中にもゆっくりとした時間の流れる場所でした。

この神社は淡路島の中でも南部よりで正直なところ少し不便な場所にあるため、大変格式高い神社の割にはそんなに混まないこともおすすめポイントです。

ゆっくり見て回っても滞在時間は30分程度ですので、ぜひ神話の世界を思い浮かべながらご覧ください。

 

 

 

施設情報

所在地:兵庫県南あわじ市榎列下幡多415

電話番号:0799-42-5320

営業時間:9:0017:00

駐車場:あり/無料

滞在時間目安:0.5〜1時間

 

 

近隣観光施設までの所要時間

道の駅福良:約20

大塚国際美術館:約30

大鳴門橋記念館:約30

淡路ワールドパークONOKORO:約30

淡路ハイウェイオアシス:約40

淡路夢舞台:約45

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください