【旅に役立つ持ち物は?】オススメのお宿快適グッズをご紹介【その①】

たびごと 快適グッズ お宿 便利グッズ おこもり宿

「旅行って何を持っていけばいいの?」

「いつも宿で不便だと思うことがあるんだけど解決方法がわからない…」

「おこもり宿でリラックスして過ごしたいけど何を用意すればいいのかな…」

とお悩みの皆さま。

こんにちは、元バスガイドのはらこです。

シリーズ形式でお届けしたい(と思っている)便利グッズ企画!

今回は記念すべき1回目ということで張り切っております。

基本的に荷物は少なく!派の私ですが、これだけは持っていく必須アイテム3選を熱くご紹介。

はらこが何百回と宿泊した経験から厳選するグッズ、実際に使用した感想をお伝えいたします。

 

延長コード

 

99.9%の旅館・ホテルには延長コードがありません。(はらこ調べ)

延長コードを持っていかなければ、スマホたちはかわいそうなことに板の間やテレビの隙間などに一晩転がされるハメになります。

夜、旅館でゴロゴロしながら昼間撮った写真を見てワイワイしたくないですか?

顔が事故ってる写真で盛り上がりたいですよね?

そんなときはこれ!USB口が付いているタコ足延長コードです。

 

 

メリット

  • 口数が多いので、大人数&大量ガジェット持ちに対応できる
  • 口数の割にかなりコンパクト
デメリット

  • コードの皮膜がしっかりしすぎている(かさばる)
  • 1.5mだと広い部屋のときはツライかも、2mのものも販売しています

 

同行者や持ち物によっても必要なものが変わると思いますが、企画第1回目の1番手に持ってくるほどの必須アイテムです!

快適さはお墨付き、ぜひ試してくださいね!

はらこ
はらこ
オススメ度:星5

 

靴下

 

一応季節は関係なくオススメ品をご紹介しております。

冬はもちろん、夏でも持っていくべき靴下。

日本の観光地は山間部が多いですので、夜間は夏でも冷えたりしますよね。

それでは季節別にご紹介いたします!

 

春・秋

いうて朝晩は冷え込む季節。

せっかく温泉で温まっても足元から冷えてしまったら残念です。

そんな時はこちら。

 

 

メリット

  • コットン60%・シルクが40%の二層構造でこのお値段
  • シルクの性質で夏は涼しく冬は暖かい!
  • コットンのおかげで肌触りが良い
デメリット

  • 手洗いで洗わないといけない(ズボラにはつらい)

 

手洗いオンリーなのは面倒くさがりにはちょっとつらいです。

ですがそんなに汚れるものではないですし、本当はシルクなので洗剤も気にしたほうがいいのでしょうけれど私はウタマロせっけんでガシガシ洗ってます笑

寒暖が判断つきづらい春秋にもってこいの靴下です、デザインもシンプルかわいいので浴衣にも合いますよ。

 

はらこ
はらこ
オススメ度:星4.5

 

暑いやん、靴下いる?の精神をもって今まで過ごしてきましたが、最近歳のせいか夏でも冷房にやられがち…

というわけでこちらを使用しはじめました。

 

 

メリット

  • さらさらしていて本当に蒸れない
  • 締め付けない
  • 薄い・軽い
デメリット

  • おしゃれではない(ごめんなさい)

 

見た目は完全に戦時中感あります、もはや一周回ってオシャレなのでは?(錯乱)

とにかく見た目は無視できるほどの気持ちよさ。

本当に軽いし、かかとが直角の靴下ってこんなにフィット感あるんか〜って思います。

見た目は気にしなくてOKです!

 

はらこ
はらこ
オススメ度:星4

 

一番靴下が活躍する季節。

せっかくのお宿の感想が「寒かった」で塗り替えられるのは悲しすぎます。

暖房をきかせすぎると乾燥するし、顔のほうだけ熱くなったりでなかなかうまくいきませんよね。

そんなときのおすすめはこちら。

 

 

メリット

  • とにかく暖かい
  • 長さを調整できる(ハイソックスくらいの長さにまで伸ばせる)
  • 色の種類が多く、見た目も楽しめる
デメリット

  • 靴下にしては高い(貧乏性)
  • 足首締め付ける部分がたまにかゆくなる

 

説明を読むと、冷えに効くツボを靴下で刺激しているようですね。

だからたまにかゆいのか…効いてるなら仕方ないです笑。

少しお高めですが技術の粋を集めたものなら納得。

先日の旅に靴下を忘れ、布団から出られず悲しい思いをしましたので皆さまはどうかお気をつけて…!

 

はらこ
はらこ
オススメ度:星4

 

 

シルクのパジャマ

 

は?たかが旅行にシルク?と思う気持ちはよくわかります。

私もそう思っていた時期がありました…

  • お宿で備え付けの浴衣で寝ることができる方
  • 朝起きたら浴衣がはだけまくって一糸まとわぬというか帯のみまとった状態で起きることがない方
  • 浴衣の帯の結び目が脇腹にめり込んで起きるということのない方

はどうか読み飛ばしてください…

 

とにかく浴衣センスのない私はパジャマを必ず持っていきます。

先ほど靴下のところでも少し触れましたが、シルクは夏は涼しく冬暖かい、しかも薄くてかさばらない!

季節ごとに用意を変えなくていいので楽!

という一石三鳥くらいのシロモノです。

 

※購入したのが結構昔だったためか、こちらは使用しているものと全く同じものではありませんが、素材や金額が一番似ているものを探しました。

 

メリット

  • 薄い・軽い
  • シルク100%なので肌触りが控えめに言って最高
  • ジャージー素材なのでサテン特有のヒヤッと感がない
デメリット

  • やはり手洗い(こちらの商品はネットを使用し洗濯機可ですが、やはり手洗いがおすすめ)
  • 完全なる防寒は無理
  • 清水の舞台から5回くらい飛び降りる金額

 

家ではダルンダルンのスウェット着て記事を書いているのに笑

忘れたらいやなので、手洗いしてすぐに旅行カバンに入れっぱなしにしています。

お値段はそらシルクやし!日本製やし!なので勇気をもたないと買えない金額ですが、かなり長持ちするのでペイできます。

長袖ですが、意外と夏でも「暑い〜」とはなりません。

肌触りはさすがシルクと言ったところ、一度着たらやみつきになりますよ。

 

はらこ
はらこ
オススメ度:星4.5

 

まとめ

 

旅行のうち、お宿で過ごす時間は割と多いものです。

やはり自分が住んでいるところの気候に体が慣れているので、気温や湿度・標高などが変わると体調を崩したりしがち。

旅行でテンションが上がっているので、まだまだ元気だと思っても意外と体は疲れています。

お宿では少しでも気持ち良くリラックスできるもので過ごしてくださいね。

 

今回は3点ご紹介いたしましたが、まだまだありますので第二弾・第三弾もぜひお付き合いください。

それでは皆さまよい旅を!!!

 

関連記事もご覧ください

たびごと 旅のトラブル 車移動【国内旅行】旅で起こりがちなトラブルと解決法〜その①【車移動編】たびごと 災害グッズ 車内用 避難グッズ【車内用】車に載せておくべき災害時に役立つグッズ【安心のために】たびごと 0次避難袋 防災用品【防災用品】私物公開!0次避難袋のススメ【安全に帰宅するために】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください